立山連峰を眺望できる、ゆったりとした芝生広場。無柱空間による県内最大の展示ホール。
県内初の残響可変装置を備え、本格的なコンサートやオペラ、舞踊等を演ずることのできる大ホール。
新川文化ホール

おすすめ情報

魚津市民文化祭2017(ステージの部)
魚津市民文化祭2017(ステージの部)
2017年10月22日(日)
魚津市民文化祭2017(展示の部)
魚津市民文化祭2017(展示の部)
2017年10月21日(土) 〜2017年10月22日(日)
土佐堀川 近代ニッポン-女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯
土佐堀川 近代ニッポン-女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯
2017年11月7日(火)
NHK連続テレビ小説『あさが来た』原案の小説を
高畑淳子=広岡浅子役で、堂々の舞台化!!

九回転んでも、十回起き上がればいい!
今、高畑淳子が不屈の女を演じます!
第57回 魚津市美術展 作品募集!
第57回 魚津市美術展 作品募集!
2017年11月3日(金) 〜2017年11月8日(水)
第57回 魚津市美術展 作品募集中

詳しくは、下記募集要項をご覧ください。

また、ご出品いただく際には、下記出品申込書を印刷して
必要事項をご記入の上、新川文化ホール窓口へお持ちください。

たくさんのご応募、おまちしております。
全国共同制作プロジェクト オペラ プッチーニ:歌劇「トスカ」
全国共同制作プロジェクト オペラ プッチーニ:歌劇「トスカ」
2017年11月12日(日)
河瀨直美版新演出≪トスカ≫は、
今年一番の話題作となるに違いない!

新潟、東京、金沢、魚津、沖縄…。全国のホールとオーケストラが手を組み、共同で世界レヴェルのオペラを制作するプロジェクト。
演目は「妙なる調和」「歌に生き、恋に生き」「星は光ぬ」と美しいアリアが散りばめられたプッチーニの名作≪トスカ≫。
カンヌ国際映画祭グランプリ受賞の映画監督・河瀨直美が、オペラ初演出に挑み、指揮は、東京・金沢公演を広上淳一、新潟・魚津・沖縄公演を大勝秀也が務めます。
舞台は原作のローマではなく、古代日本の雰囲気が漂う「牢魔」という名のとある集落。スリルに満ちた陰謀、壮絶な愛と死を、「祝祭の1日に起きた悲劇」として描きます。
またもう一つの注目は、映像と舞台美術の融合。河瀨自らが制作する映像と、ニューヨーク在住の気鋭の建築家・重松象平がデザインした舞台美術のコラボレーションにも
ご期待ください。
沢田研二 50周年記念LIVE2017~2018
沢田研二 50周年記念LIVE2017~2018
2017年11月15日(水)
1967年のデビュー曲から今年の新曲までの全シングル曲の中から
厳選した50曲のLiveです。
ぜひこの機会にお楽しみください。
ホールシネマ in ミラージュ2017 「ヒロイン失格」
ホールシネマ in ミラージュ2017 「ヒロイン失格」
2017年11月17日(金)
原作:幸田もも子
監督:英勉
出演:桐谷美玲、山﨑賢人、坂口健太郎、福田彩乃

ベストセラーを記録している幸田もも子のコミックを実写化した青春ラブコメディ。
幼なじみの寺坂利太(山﨑賢人)のことが好きで、自分は彼にとってのヒロインだと信じて疑わない松崎はとり(桐谷美玲)。しかし、クラスの中でも最もイケていない女子・安達未帆が彼に告白して付き合うことになってしまう。激しいショックを受けて落ち込むものの、略奪愛もいとわない勢いで利太へ猛アタックをするはとり。そんな中、容姿端麗で成績優秀、さらにスポーツ万能という、学校で女子からの一番人気を誇る弘光廣祐(坂口健太郎)に興味を持たれ、思いも寄らなかった三角関係が始まってしまう。
ホールシネマ in ミラージュ2017 「世界の果ての通学路」
ホールシネマ in ミラージュ2017 「世界の果ての通学路」
2017年12月16日(土)
監督:パスカル・プリッソン

『MASAI マサイ』のパスカル・プリッソンが監督を担当し、四つの異なる地域で長時間かけて通学する子どもたちの姿を追ったドキュメンタリー。学校で勉強するため、それぞれ何十キロもの困難な道のりをひたすら進む児童たちの日常を追い掛ける。
登場するのは、ケニアをはじめ、それぞれの地域の個性豊かな子どもたち。
将来の夢をキラキラとした瞳で語る彼らの純粋さとひたむきにほだされる。
ホールシネマ in ミラージュ2017 「ネコナデ」
ホールシネマ in ミラージュ2017 「ネコナデ」
2018年1月20日(土)
監督:大森美香
出演:大杉漣、青山倫子

企業戦士として働いてきた男が、1匹の子猫との出会いによって新しい人生の第一歩を踏み出すまでを描く心温まる物語。一流企業の人事部長としてリストラを担当する鬼塚(大杉漣)は、ある晩公園で段ボールに入った子猫を見つけ。
一度は無視して通り過ぎたものの、結局は子猫をこっそり自宅に連れ帰ってしまう。
これまでの厳格な態度のせいで妻(原日出子)や娘(矢木初季)にそのことを言い出せない鬼塚は、会社が研修用に借りている施設の一室で子猫を飼い始める。
 PAGE TOP